本文へスキップ

TEL. 086-728-2102

〒709-3602 岡山県久米郡久米南町里方808

                                   

誕生寺について

寺院由緒

 

 誕生寺は熊谷直実が師・法然上人が自ら刻まれた御影を持参したのがはじまりである。
鎌倉後期作と推定された阿弥陀如来立像の胎内納入に「法然上人御生所御本尊」の墨書がありこの像と当寺の創建との関わりが推定される。
 永禄12年(1569)久米郡稲荷山城主原田三河守貞佐は御影堂を再建し、慶長9年(1604)津山藩主森忠政は寺領50石を与え
寛文5(1665)阿弥陀堂再建や元禄元年(1688)鐘楼堂再建など森氏一族の外護を得た。
 元禄6年春に江戸・回向院
、秋に京都・長楽寺御影の出開帳を行い、その奉加金で同8年御影堂を再建し、同12寺領は幕府の朱印地となった。
 御影堂と山門は国重要文化財。毎年4月第3日曜日
の法然上人ご両親追恩のための二十五菩薩練供養は岡山県重要無形民俗文化財に指定されている。


      


      


       


寺院沿革

1133年
4月7日 法然上人(幼名・勢至丸)誕生
1141年
2月 熊谷直実誕生
1150年
法然上人、法然房源空と改める。
1175年
3月 法然上人「立教開宗」(浄土宗を開く)
1193年
熊谷直実、法然上人の弟子となり「蓮生」と改める。同年、誕生寺を創建する。
1695年
現在の御影堂(本堂)が再建される。
1716年
山門塀が伏見宮様より寄進される。
1193年
開創800年を迎える。

バナースペース



誕生寺縁起

誕生寺の文化財

年中行事と月例行事ク

誕生寺の仏さま

誕生寺七不思議?

境内拝観・周辺案内